HOME

心理カウンセラー 福山 裕康のコラム

心理カウンセラー 福山 裕康のコラム

2018年4月22日

さて、

       

摂食障害になりやすい気質として、

 

  ”循環気質”

 

というものがあります。

 

それは、

 

   人目を常に気にしていたり、

 

   顔色をうかがっていたり、

 

   どうにか頑張って人に認めてもらいたい、

 

 

という気持ちが人一倍強い人。

 

 

そして、そこに更に、

 

    ”執着気質”

 

という

 

生真面目で完璧を目指す性格が加わると

 

益々摂食障害になりやすい性格になっていきます。

 

 

意識は常に外に向いていて、

 

人に認めてもらうためには、

 

完璧を目指して、トコトコン必至で

 

やりまくってしまうのです。

 

 

徹底的に、そこまでやらなくてもいいのに

 

と思うようなレベルでやってしまう。

 

 

病的と言えるぐらいまで・・・・

 

そして、常に外に求めていますから、

 

いつもでも満足できない際限がないのです。

 

心が安定するわけがないのです。

 

ここが、心が不安定な大きな原因なのです。

 

では、何故それほどまでに、

 

  ”人に認めてもらいたい”

 

という気持ちが強いのでしょうか?

 

そしてそれがあるから、

 

意識は常に外に向かっています。

 

いつも他人と比較してしまう、

 

いつも他人の顔色・態度・言動を

 

異常に気にしていたりと・・・

 

いつも周りの振り回されて心はとても

 

不安定になってしまいます。

 

 

何故、そのようになってしまうのでしょうか?

 

今日はそのへんを・・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!
 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。   

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、

 

摂食障害になりやすいタイプとして、

 

   ”頑張り屋さんのいい人!!”

 

がいちばん多いと言われています。

 

なぜなのでしょうか????

 

 ”頑張り屋さんのいい人!!”

 

でも、

 

本人はそう思っていないかもしれません。

 

 

また、今は違うけれど、子どもの頃はそうだった

 

ということも影響しています。

 

本人は気づいていなくても、他人の目から

 

みれば明らかにそうだという場合もあります。

 

 

どのようなケースだとしても、

 

明らかにあるのは、本人の中での、

 

   ”内面でのすごい苦闘”

 

 

です。

 

外側と内側にあまりにも大きなギャップ

 

があってとても辛くなってしまいます。

 

 

でも、

 

それを表に露わにすることができずに

 

とても苦しんでしまいます。

 

 

すごい努力で抑え込んでしまいます。

 

感情を抑圧していってしまいます。

 

抑圧された感情は、どこにもやり場なく、

 

それを麻痺させる手段が、

過食であったり、嘔吐であったりします。

 

 

そして、

 

意外かもしれませんが、拒食であったりするわけです。

 

それが、異性に向かったり、アルコールに向かったり

となる場合もあります。

 

でも、根本は同じものです。

 

摂食障害の克服は、

 

この抑圧された感情を

 

どのようにしていけばいいのか???

 

 

ということが課題となってきてきます。

 

また、

 

感情を抑圧していく原因として、よくあるのが、

   「みんなに好かれたい!!」

 

   「嫌われたくない!!」

 

といった思いです。

 

でも、それがうまくいかないと、

  「自分の人生を自分でコントロールできていない!!」

と感じるようになってしまいます。

 

そうなってくると、周りに合わせることが多くなってきて、

 

   ”自分の気持に素直になれない”

 

つまり

   ”自分の気持ちを上手に表現できない”

 

 

ということになってきます。

 

心が傷ついたり、怒りの感情が

 

溜まっていってしまいます。

 

 

溜め込むばかりの表現できない感情は

 

次第に大きく激しくなっていきます。

 

 

そして、

 

自分は役立たずだと考えるようになります。

 

 

やがて、これらの感情のはけ口として、

自傷行為や拒食、嘔吐、下剤乱用へと繋がっていきます。

 

これらは、感情を麻痺させていきます。

 

また、

 

   ”自己コントロール感を実感できる

 

ダイエットに嵌っていく”

 

ということも大きな原因のひとつとなっています。

 

まず、

摂食障害を克服していく鍵となるのは、

 

行き場のない抑圧された感情です。

 

 

感情を上手に表現していくことが摂食障害克服の

ポイントとなってきます。

 

それをやっている心理療法が、

”対人関係療法” (⇒ http://www.sinbi-s.info/contents04/  )

です。

 

摂食障害の対人関係療法カウンセリング

 

についてははこちらを↓↓↓

                       http://www.sinbi-s.info/contents01/

 

対人関係で、自分の気持ちをどのように

 

人に表現していけばいいのか?

 

摂食障害になりやすい人は、

 

   ”人に気を使ってしまい自分の気持ちを表現できない”

 

あるいは、意外かもしれませんが、まるで反対に、

 

    ”強がりで表現できない!”

 

人もいます。

 

強がりの人は、弱さを見せるのが恐くて

 

強い人仮面をかぶってしまいます。

 

 

いずれにしても、

 

    ”自尊心がとても低い”

 

という特徴があります。

 

 

自尊心を高めていくことが重要な

 

摂食障害克服のポイントになってきます。

 

 

そのためには、まずは家族の理解と協力です。

 

そして、カウンセリングでは、

 

   ”自分自身としっかりと向き合っていく”

 

   ”心の傷は癒していく”

 

   ”自分を赦していく”

 

   ”自分を好きになっていく”

 

   ”自信を取り戻していく”

 

ということを目標に取り組んでいきます。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!
 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!                 

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。   

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

また、摂食障害については、
まずは、無料レッスンにご登録ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の基本
を理解して克服していくための
基本レッスンです。 是非こちらからご登録を!!
   ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
同時に摂食障害克服ハンドブックも
無料ダウンロードできます。

 ”ハートを開けば摂食障害は治る!Ⅰ ”
是非ご覧ください。 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2BZHAN

催眠療法は、専門サイト ヒプノセラピーSINBIへ
   ⇒ http://www.sinbi-s.com/

2018年4月20日

こんにちは。

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング

SINBIの福山です。

 

さて、

あなたには、

 

いつも胸にモヤモヤしたものを抱えている!!

 

ということはありませんか???

 

何かいつもスッキリしない!!

 

 

このモヤモヤをスッキリさせたい!!

 

発散したい!!

 

何か息苦しい!!

 

 

といったような感覚ですね。

 

 

このような場合には、

 

言いたい事を言っていない!!

 

いつも我慢している!!

 

自分の気持ちに素直になれていない!!

 

 

といった場合が多いようです。

 

 

そしてこれが摂食障害の原因に

 

なっていたりするものです。

 

今日はそのへんを・・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!

 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。   

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、

 

              

摂食障害を治していく上で、

 

摂食障害の源になっていて、

 

ストレスになってしまっている、

 

 

 ”自分の気持ちをちゃんと伝える!!”

 

 

ということがとても大切になってきます。

 

 

特に、摂食障害に効果的な心理療法である、

 

“対人関係療法”

 

ではそこはとても大切にしています。

 

 

その中でも、いちばん重視しているのは

 

身近な家族に対して

 

のコミュニケーションです。

 

 

そして、

 

家族以外で、結構、問題になり

 

やすいのが、前回お伝えしている

 

職場の上司との問題です。

 

 

上司に何も言えなくなってしまう!!

 

上司にはただ従うだけ!!

 

上司に怒られると絶望的になってしまう!!

 

 

といったことになってしまい、

 

精神的なダメージを大きく受けてしまう

 

という人が摂食障害を抱える

 

人には多いものです。

 

 

そのようなケースの場合、

 

摂食障害の対人関係療法カウンセリングでは、

 

一緒に様々な戦略を考えて対処方法

 

を考えて実践していくということを

 

やっていきます。

 

 

ただ、そこに、強烈な

 

トラウマ的なものがあると

 

それも、なかなかうまくいきません。

 

 

 

身体が震えてしまう!!

 

 

固まってしまって何もできなくなる!!

 

 

頭が真白になってしまう!!

 

 

というようなことに陥ってしまう

 

というようなトラウマを抱えて

 

しまっている場合です。

 

 

 

そのような場合には、その原因を

 

突き止めて、トラウマセラピーを

 

施していくことが必要になってきます。

 

 

 

トラウマセラピーでは、多くの場合

 

イメージを使っていきます。

 

 

最初は、感情と身体感覚から

 

アプローチして源を突き止めます。

 

 

そうして、イメージを使って、

 

トラウマになった心の傷を癒して

 

いきます。

 

 

 

イメージ療法で、コミュニケーション

 

のブレーキになっている

 

心の傷を癒していくことによって、

 

今までできなかったことを

 

できるようにしていきます。

 

 

トラウマセラピーによって、

 

コミュニケーションのブレーキに

 

なってしまっているものを外していって、

 

自分の気持ちや考えを抵抗なくスムース

 

に伝えることができるように

 

サポートしていきます。

 

 

セラピーを施してから、対人関係療法

 

のコミュニケーション改善の実践へと

 

入っていくわけです。

 

 

 

それが、対人関係療法をスムースに

 

実践していく上での

 

大きな力となっていくものです。

 

 

なかなか、イメージ療法と聞くとよく

 

わからず抵抗が生まれてしまうかも

 

しれませんが、何の怖さも副作用もない

 

ものですので、是非、遊びのつもりで

 

試していただけるとよろしいかと思います。

 

 

とても心地よくて効果的なセラピーです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!

 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!                 

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。   

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

また、摂食障害については、
まずは、無料レッスンにご登録ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の基本
を理解して克服していくための
基本レッスンです。 是非こちらからご登録を!!
   ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
同時に摂食障害克服ハンドブックも
無料ダウンロードできます。

 ”ハートを開けば摂食障害は治る!Ⅰ ”
是非ご覧ください。 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2BZHAN

催眠療法は、専門サイト ヒプノセラピーSINBIへ
   ⇒ http://www.sinbi-s.com/

2018年4月19日

こんにちは。

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング

SINBIの福山です。

 

さて、

あなたには、

 

いつも胸にモヤモヤしたものを抱えている!!

 

ということはありませんか???

 

何かいつもスッキリしない!!

 

 

このモヤモヤをスッキリさせたい!!

 

発散したい!!

 

何か息苦しい!!

 

 

といったような感覚ですね。

 

 

このような場合には、

 

言いたい事を言っていない!!

 

いつも我慢している!!

 

自分の気持ちに素直になれていない!!

 

 

といった場合が多いようです。

 

 

そしてこれが摂食障害の原因に

 

なっていたりするものです。

 

今日はそのへんを・・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!

 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。   

  ⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、

 

              

摂食障害を治していく上で、

 

摂食障害の源になっていて、

 

ストレスになってしまっている、

 

 

 ”自分の気持ちをちゃんと伝える!!”

 

 

ということがとても大切になってきます。

 

 

特に、摂食障害に効果的な心理療法である、

 

“対人関係療法”

 

ではそこはとても大切にしています。

 

 

その中でも、いちばん重視しているのは

 

身近な家族に対して

 

のコミュニケーションです。

 

 

そして、

 

家族以外で、結構、問題になり

 

やすいのが、前回お伝えしている

 

職場の上司との問題です。

 

 

上司に何も言えなくなってしまう!!

 

上司にはただ従うだけ!!

 

上司に怒られると絶望的になってしまう!!

 

 

といったことになってしまい、

 

精神的なダメージを大きく受けてしまう

 

という人が摂食障害を抱える

 

人には多いものです。

 

 

そのようなケースの場合、

 

摂食障害の対人関係療法カウンセリングでは、

 

一緒に様々な戦略を考えて対処方法

 

を考えて実践していくということを

 

やっていきます。

 

 

ただ、そこに、強烈な

 

トラウマ的なものがあると

 

それも、なかなかうまくいきません。

 

 

 

身体が震えてしまう!!

 

 

固まってしまって何もできなくなる!!

 

 

頭が真白になってしまう!!

 

 

というようなことに陥ってしまう

 

というようなトラウマを抱えて

 

しまっている場合です。

 

 

 

そのような場合には、その原因を

 

突き止めて、トラウマセラピーを

 

施していくことが必要になってきます。

 

 

 

トラウマセラピーでは、多くの場合

 

イメージを使っていきます。

 

 

最初は、感情と身体感覚から

 

アプローチして源を突き止めます。

 

 

そうして、イメージを使って、

 

トラウマになった心の傷を癒して

 

いきます。

 

 

 

イメージ療法で、コミュニケーション

 

のブレーキになっている

 

心の傷を癒していくことによって、

 

今までできなかったことを

 

できるようにしていきます。

 

 

トラウマセラピーによって、

 

コミュニケーションのブレーキに

 

なってしまっているものを外していって、

 

自分の気持ちや考えを抵抗なくスムース

 

に伝えることができるように

 

サポートしていきます。

 

 

セラピーを施してから、対人関係療法

 

のコミュニケーション改善の実践へと

 

入っていくわけです。

 

 

 

それが、対人関係療法をスムースに

 

実践していく上での

 

大きな力となっていくものです。

 

 

なかなか、イメージ療法と聞くとよく

 

わからず抵抗が生まれてしまうかも

 

しれませんが、何の怖さも副作用もない

 

ものですので、是非、遊びのつもりで

 

試していただけるとよろしいかと思います。

 

 

とても心地よくて効果的なセラピーです。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!

 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!                 

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。   

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

また、摂食障害については、
まずは、無料レッスンにご登録ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の基本
を理解して克服していくための
基本レッスンです。 是非こちらからご登録を!!
   ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
同時に摂食障害克服ハンドブックも
無料ダウンロードできます。

 ”ハートを開けば摂食障害は治る!Ⅰ ”
是非ご覧ください。 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2BZHAN

催眠療法は、専門サイト ヒプノセラピーSINBIへ
   ⇒ http://www.sinbi-s.com/

2018年4月18日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング

SINBIの福山です。

 

さて、

あなたは、

 

人に言われたことが          

 

気になるほうですか???

 

 

摂食障害を抱える人では、

 

気になっていつまでも引きずって

 

しまう人が多いものです。

 

 

それで、

 

過食したり、食べられなく

 

なってしまったりと・・・・・・

 

そして、それが起きやすいのは、

 

自分より上の立場の人の言葉であることが

 

多いものです

 

 

父親であったり、職場の上司であったりと・・・・

 

今日はそのへんを・・・・

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!

 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。 

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

さて、

 

 

過食症は、持って行き場のない様々な感情、

 

  ”怒り・悲しみ・不安・焦り・寂しさ・孤独感など・・・”

 

を抱えて、それを紛らせたり、

 

忘れたいためにする場合が多いのですが、

 

社会人の場合には、その原因が、

 

職場の上司である場合がとても多いものです。

 

  ”上司が嫌!”

 

といっても、様々なパターンがあります。

 

例えば、

 

    ”自分勝手な自己中の上司”

 

    ”時間や約束を守らない上司”

 

    ”言うことがコロコロ変わる上司”

 

    ”いちいち否定してくる上司”

 

    ”自分の意見がない仕事のできない上司”

 

    ”責任感のない上司”

 

    ”いつもイライラしている上司”

 

    ”怒鳴る上司”

 

    ”プライベートの話をしたがる上司”

 

上司によって、傷つけられたり、

 

自信をなくしてしまったり、

 

怒りを抱えてしまったりと、

 

職場の問題で摂食障害が悪化してしまう

 

というのは実によくあることです。

 

そして、

 

そのような持って行き場のない感情を

 

抱えてしまうというのは、

 

実に様々な要因があるものです。

 

 

だから、

 

職場の問題で心の問題を抱えてしまった場合には、

 

個別にそのうちに潜む問題を紐解いていく

 

ということがとても大切になってくる

 

ところでもあります。

 

 

そこには、目の前の問題だけではなく、

 

プライベートの問題や、

 

過去の様々な問題や自分の信念や

 

価値観が影響している場合もあります。

 

 

 

仕事の上で、特に上司との関係で、

 

摂食障害が発症してしまったり、

 

悪化してしまうということは、

 

とてもよくあることです。

 

 

一言に上司との関係と言っても様々あるのですが、

 

カウンセリングでは、それら詳細に伺って個別

 

に対応していくことになります。

 

 

そこで、

 

少しその対応の基本的なところをまとめて紹介します。

 

まず、対人関係のストレスを改善していく場合の基本について、

 

ご理解いただきたいと思います。

 

最初にいちばん大切なスタンスは、

 

   ”問題解決”

 

するんだということです。

 

”別のストレス発散を考えましょう!!”

 

というのは、逃避でしかありません。

 

過食を止めて別のストレス解消法を見つける

 

というのは最後の手段です。

 

 

まず、問題に向き合うという姿勢がとても大切です。

 

次に見ていくのが、

 

  ”自分の心の動き”

 

です。

 

何があって、どのようなコミュニケーション

 

があって、どのように考え、

 

どの様な感情を抱き、どのような行動をとったのか???

 

 

自己観察をして、自分を知るということが大切です。

 

そのようにして、

 

    ”変えられるものと変えられないものの明確化”

 

をしていきます。

 

 

そうして、変えられるものは変えていきます。

 

それは、自分だけではありません。

 

相手も変えられるのです。

 

ここを勘違いしないでください。

 

   ”自分が我慢すればいい・・・

 

    自分が変わればいい・・・・

 

    人は変えられない”

 

それは、違います。

 

   ”変えられるものは変える勇気”

 

を持つことがとても大切です。

 

摂食障害を抱える人にありがちな傾向

 

なのですが、ここで自分を責めて、

 

自分一人で解決しようとして苦しんでしまいます。

 

 

一人で抱え込まないでください。

 

 

相手や環境を変える勇気を持ってください。

 

その勇気がなければ、誰かに相談してください。

 

一人で抱え込まないでください。

 

これは、夫婦関係や恋人同士、

 

友人関係でも同じことです。

 

 

今の状況を外在化して客観的に捉えて

 

明確化していきます。

 

 

その中で、自分を変えるべきところがあれば

 

変えていけばいいのです。

 

 

例えば、そこが、

 

   コミュニケーションを変えていく=対人関係療法

 

   偏った考えを変えていく=認知行動療法

 

   過去の傷を癒していく=イメージ療法

 

といった形で取り組んでいくということになっていきます。

 

 

それらをやった上で、新たなストレス対処方法

 

が必要であれば、

 

新たなストレス対処方法を身につけていきます。

 

そこのもう少し具体的ところは、次回以降で

 

また紹介していきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 <お知らせ>

●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!

 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!

 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/     

●無料メールレッスンが新たにスタート!!

こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる

無料メールレッスンに登録いただけます。 

  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/

●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。

毎日更新中!!

⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku

 また、にほんブログ村のランキングバナーを

クリックしていただければ幸いです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 

 

 

 

また、摂食障害については、
まずは、無料レッスンにご登録ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の基本
を理解して克服していくための
基本レッスンです。 是非こちらからご登録を!!
   ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
同時に摂食障害克服ハンドブックも
無料ダウンロードできます。

 ”ハートを開けば摂食障害は治る!Ⅰ ”
是非ご覧ください。 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2BZHAN

催眠療法は、専門サイト ヒプノセラピーSINBIへ
   ⇒ http://www.sinbi-s.com/

2018年4月11日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング
SINBIの福山です。

 

 

さて、

 

摂食障害はわかり難い病気ですよね。

 

 

周りがよく理解できない

 

 

と言うこともありますが、

 

当の本人もあまりよくわかっていない

 

ということがよくあるものです。

 

 

何でそうなってしまっているのか???

 

 

をです。

 

 

だから、なかなか治らないという面

があるのですが、

 

そこには、必ず理由があります。

それをちゃんと掴み問題解決して

いけば必ず治っていく病気です。

 

今日は摂食障害のそのへんについてです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!
 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!
 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/ 
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
さて、

 

摂食障害の悩みというのは

とても深くて辛いもの。。。

 

 

特に、

 

拒食症の場合には、

多くは、まずお母さんが

悩み連絡してきます。

 

 

過食嘔吐の場合には、

ほとんどが本人が悩んで

連絡してきます。

 

 

この違いは何なのでしょう???

 

 

よくあるプロセスなのですが、

拒食症になると、

お母さんは凄い心配します。

 

 

   ”どんどん痩せていって

 

 

死んでしまうのではないか???”

 

 

でも、

 

拒食症の場合には、ある意味、

 

 ”本人が自分の意思で痩せていっています”

 

だから、

 

本人は満足しているし、

 

あまり悩んだり苦しんだりしていません。

 

ところが、過食嘔吐の場合は、

自分がコントロール不能状態になって

しまっている場合がほとんどで、

 

 

自分の意思ではないので、

本人がとても悩み苦しむことになります。

 

 

拒食症の場合には、

母親は、とりあえず食べ

始めれば安心します。

 

 

そこで、

 

体重が一応戻ってくればもう治った

ともろ手を挙げて喜びます。

 

 

でも、

 

本当には治っていないということがよくあります。

 

 

実は、そのあと、過食嘔吐に

移行してしまっている・・・・・・・

 

 

でも、母親はそれを知らない、気づいていない、

 

 

ということが多かったりするものです。

 

 

本人が母親に隠していたり、

一人暮らしを始めてから発症してしまう

というようなケースです。

 

 

さて、

 

そこでですが、大切な視点は、

拒食症の人が、食べない理由です。

 

 

   ”単なる強烈なやせ願望とは違う”

 

 

というところも大きなポイントになります。

 

 

拒食の理由のひとつとして、

強い自己否定感があります。

 

 

    ”私なんて価値がない”

 

    ”生きている意味がない”

 

    ”消えてしまいたい”

 

    ”存在を消してしまいたい”

 

 

といった自分を徹底的に否定したい

という気持ちがある場合。

 

 

また、

 

その反対に自己肯定によるものあります。

 

 

拒食によって、

 

 

    ”自分コントロールできることへの満足感”

 

    ”体重をコントロールできる自分”

 

 

そこに自分の価値を見出しているような場合。

 

そして、よくあることとして、

 

 

    ”病気の弱い自分”

 

    ”可哀想な自分”

 

    ”皆に心配されている自分”

 

 

に満足しているということ。

 

 

どちらにして、痩せることによって

 

   ”目的を果たす”

 

ことができているわけです。

 

 

だから、拒食症を治すということは、

 

   ”目的を諦める”

 

ということにもなるのです。

 

 

そこはちゃんと理解しておいてあげる
必要があります。

 

   ”痩せるには重要な目的”

 

 

があるのです。

 

 

その目的を理解して、その目的を別の

方法で解決してあげることが

とても大切になってくるところです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●摂食障害克服のための相談・勉強会は2016年5月8日開催!
 まずは、摂食障害の基本を知り克服への道を進みましょう!!
 こちらからどうぞ⇒ http://www.sinbi-s.info/seminar/ 
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ ●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
また、摂食障害については、
まずは、無料レッスンにご登録ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の基本
を理解して克服していくための
基本レッスンです。 是非こちらからご登録を!!
   ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
同時に摂食障害克服ハンドブックも
無料ダウンロードできます。

 ”ハートを開けば摂食障害は治る!Ⅰ ”
是非ご覧ください。 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2BZHAN

催眠療法は、専門サイト ヒプノセラピーSINBIへ
   ⇒ http://www.sinbi-s.com/

2018年4月9日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング
SINBIの福山です。

 

 

あなたは、

 

人と接する時に、

 

理想の自分をつくってしまう

ほうでしょうか?

 

それとも、素の自分であったり、

自分のマイナス面も素直に出せる

方ですか?

 

 

今日は、摂食障害への影響が大きい

理想の自分を演じてしまう

 

というところについて少し・・・・・
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ ●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
さて、

 

  ”自分だけが、何で苦しむのだろう?!”

 

辛い・・・・寂しい・・・・

 

悲しい・・・・・苦しい・・・・・・

 

 

  ”みんな幸せそうなのに何で???”

 

  ”何でこんなに食べること

 

で苦しんでしまうの???”

 

と・・・・・・・

 

 

でも、何でもなさそうに見える人でも、

苦しみは抱えているものです。

 

   100%OK、何にも問題はない!!

 

という人は、まずいないものです。

 

ですから、安心してください。 

 

あなただけではありません。

 

皆、内面には何らかのものは抱えているものです。

 

それが人生でもあります。

 

 

人間である限り、苦悩はあるもの。

 

 

まずは、人間であるかぎり、

肉体を維持しなければなりません。

 

 

そこに苦が生まれてきてしまいます。

 

 

赤ちゃんの時には、自分では生命を維持できないので、

親に頼らなければいけません。

 

親にちゃんと面倒を見てもらうためには、

愛されなければいけません。

 

 

だから、親に愛されるということは

子どもにとってはとても大切なこと

になります。

 

 

ですので、

 

もし、自分が思うように愛されないと

とても傷つき、

 

 

とても辛くなってしまうものです。

 

 

そして、

 

そこで重要な思い込みをしてしまいます。

 

 

   ”私は愛されない”

 

   ”私には愛される価値がない”

 

   ”そのままの私ではダメなんだ!!”

 

以前流行ったディズニー映画の、

 

    ”ありのままに”

 

というものがありましたが。

 

そんなの、とんでもない!!

 

ということになってしまいます。

 

 

   ”ありのままの自分では愛されない”

 

 

という思いを刻みこんでしまう場合がよくあるのです。

 

そして、ここに苦悩が生まれてしまいます。

 

ありのままの自分では愛されないのだから、

 

 

   ”いつも何かしなければいけない!!”

 

   ”愛される自分にならなければいけない!!”

 

   ”愛されるために周りに合わせなくてはいけない!”

 

   ”愛されるために周りの期待に応えなくてはいけない!!”

 

   ”愛されるためには完璧でなくてはいけない!!”

 

これでは苦しくなっていってしまって当然です。

 

 

さて、

 

ここをどうしていけばいいのでしょうか????

 

 

これらは、強烈な思い込みとして刻まれてしまっています。

 

 

そして、

 

際限のない、いつまでも満たされない

 

努力を延々と続くける人生になってしまいます。

 

 

でも、

 

その繰り返しになかなか気づけないのが

多くの人の人生でもあります。

 

 

これらが、幼少期に抱え込む信念=コアビリーフ

とかアドラー心理学ではライフスタイル

 

と言われているものです。

 

 

これらは変えることができるものです。

 

 

“変えるのは難しい”

 

 

と思ってしまうかもしれませんが、

 

ちゃんと深いところに作用させる

というアプローチをしていけば

必ず変えていくことができるのです。

 

 

ここを変えることができれば、

人生は大きく変わっていくものです。

 

 

だから、ここはとても重要なポイント

なのです。

 

 

そして、

 

もいろん、そこを変えていくということが

摂食障害を治していくということにも

繋がっていくわけです。

 

 

そのへんのところは、
まずは、無料レッスンにご登録ください。
  ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
摂食障害の基本
を理解して克服していくための
基本レッスンです。 是非こちらからご登録を!!
   ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/  
同時に摂食障害克服ハンドブックも
無料ダウンロードできます。

 

 ”ハートを開けば摂食障害は治る!Ⅰ ”
是非ご覧ください。 
https://www.amazon.co.jp/dp/B01M2BZHAN

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ ●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 
 また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2018年4月7日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング
SINBIの福山です。

 

 

複雑な病気、摂食障害で、

いちばんの鍵を握っているのは、

 

 

   “痩せたい気持ち”

 

 

ですよね。

 

 

今日はここを少し掘り下げていき
たいと思います。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
さて、

 

 

摂食障害を治していく上で、

痩せたい気持ちは重要な

鍵になってくるところなのですが、

 

 

カウンセリングをしていく上では、実は、

 

 

   ”痩せたい気持ち”

 

 

には、最初の内はあまり触れていきません。

 

 

むしろ、痩せたい気持ちは肯定的に

捉えていきます。

 

 

ご家族など周りの人もそうなのですが、

まず、痩せたい気持ちは否定せず

に優しく受け容れていただけると

よろしいかと思います。

 

 

痩せたい思いは、本人にとってはとても

大切な気持ちなのですから、

それを否定されると、

人格を否定されたような気持ちに
なってしまいます。

 

 

だから、

最初の内は別の気持ちに触れていき
心を整えていきます。

 

 

痩せたい気持ちは一旦置いておきます。

また、食べたい気持ちも同じです。

 

 

食べたい気持ちも可能な限り
受け容れてあげてください。

 

 

決して、食をコントロールできない
ことを批難してはいけません。

 

 

コントロールできない病気なのですから。

まずは、痩せたいまたは食べたい

気持ち以外の気持ちにアプローチ

しながら、心を整えていくことが大切です。

 

 

そのようにして、心が安定してきてから、

 

 

   ”痩せたい気持ち”

 

 

にアプローチしていきます。

 

 

   どうして痩せたいの????

   何が太ることを邪魔しているの???

   体重が戻るとどうなってしまうのが怖いの???

   痩せてないとどうなってしまうの???

 

 

例えば、

 

 

実際の現場ではこのようにやっていきます。

 

 

  (楽に座ってもらい、目を閉じて、
軽いトランス誘導してから始めます)

 

 

   体重が増える恐怖を感じてください。。

   身体のどの辺でその恐怖を感じていますか???

   充分に感じてください。

   身体がどのように変化しますか???

   それも充分に感じてください。

   もし、それが何か訴えているとしたら
何と訴えていますか???

   それは、何を怖れているのですか????

   そして、どのようになることを
怖れているのですか???

   更に、どうなってしまうことを
怖れているのですか???

といったように、掘り下げをして、

いちばん怖れていることをつきとめます。

 

 

これは、顕在意識の状態ではなかなか

出てくるものではありません。

 

 

しっかりと潜在意識にアプローチして

突き止めていく必要があります。

 

 

奥底にある、痩せたい本当の理由です。

 

 

これがわかると、治療していく方向性が

明確化されていきます。

 

 

まずは、心が整ったらこれをやって、

そして、より具体的な摂食障害克服

のためのカウンセリングを

施していけることになります。

 

 

(お母さんが見よう見まねでこれを
やらないでください。逆効果になる場合が
ありますのでご注意を!!)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 
 また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2018年4月5日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング
SINBIの福山です。

 

 

さて、
摂食障害というものは

複雑でなかなかわかり

難いものですよね。

 

 

複雑な病気なので、自分で自分を

理解できなくなってしまう

というのが普通です。

 

 

ここでもう一度、あらためて

そのポイントを見ていきたいと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 
 また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
さて、

それでは、摂食障害の基本的なおさらいです。

 

 

まず、何が摂食障害を引き起こしているのか???

 

 

というと、大きく分けると3つの要因があります。

 

 

   ◆メンタル

   ◆身体

   ◆習慣

 

 

の3つです。

 

 

このなかで何がいちばん大きいかと

言えば、メンタルの問題です。

 

 

まず先にメンタルの問題を解決しないと、

いくら、身体と習慣を変えても、

また元にすぐ戻ってしまいます。

 

 

入院で治ってもまた戻るという繰り返しが

典型的なものです。

 

 

ただ、身体と心は繋がっているし、

習慣とメンタルも親密な関係にあります。

 

 

全ては繋がっており、密接に絡み合って

いるものではあります。

 

 

さて、それでは、

 

 

その大切なメンタルの問題とは???

 

 

これは、個人差もあって複雑な問題で

はあるのですが、

基本的には、

 

 

   ”持って行き場のない気持ち”

 

 

を抱えて悩んでいます。

 

 

自分でそれに気づいていない

場合もありますが・・・・・

 

 

これが、ほとんどの摂食障害の源です。

 

 

  怒り・不安・悲しみ・恐怖・寂しさ・

孤独・何か満たされない気持ち・・・・・

 

 

そして、それを抱えていることを本人が

自覚出来ていないことが多いのです。

 

 

特に強いと周りに言われ、強い優秀な人の

仮面をかぶっている人はそうですね。

 

 

だから、まずは自分を知るところから

始めることになります。

 

 

自分を知る。

自分の気持ちを知る。

自分の本当の欲求を知る。

 

 

まず、そこが大切なところです。

 

 

それがわかったら、その気持ち、

持って行き場のない気持ちの

発生している理由を調べていきます。

 

 

何で、そんな持って行き場のない気持ちを

抱えてしまっているのか???

 

 

それは、環境が悪いのかもしれません。

 

 

自分の気持ちを表現できないのかもしれません。

 

 

過去のトラウマが原因しているのかしれません。

 

 

自分の信念や価値観に偏りがあるのかもしれません。

 

 

その原因を突き止めていきます。 

メンタルを崩している原因です。

 

 

それでは、

 

 

原因が分かったらどうすればいいか???

 

 

それは、簡単に言えば、

 

 

   ”変えられるものは変える”

   ”変えられないものは受け容れる”

 

 

ということをやっていきます。

 

 

これが、言葉で書けば簡単なのですが、

そんなに簡単なことではありません。

 

 

だから、これを実現していくために、

様々なカウンセリング技法があるわけです。

 

 

その中でも、対人関係療法は、自己表現をしたり、

コミュニケーションを変える

ことにより、

 

 

持って行き場のない気持ちを軽減していき、

自分の中に安心をつくっていくという

ことをやっていきます。

 

 

認知行動療法では、偏った考えや信念

などを変えていくということを

やっていきます。

 

 

そして、イメージ療法では、

過去のトラウマや心の傷を癒して、

受け容れていくということを

やっていきます。

 

 

自分を受け容れ好きになっていくためには

とても効果的なものです。

 

 

いちばん重要なのは、変えられる今を変え、

変えられないものは受け容れていく

ということなのですが、

 

 

それが簡単にできないような場合には、

しっかりと過去と向き合い、

過去を手放していくという作業を

やっていく必要があります。

 

 

偏った価値観や信念を変えていく

ためには特にここが大切なところです。

 

 

これらにしっかり取り組んでやっていけば、

ほとんどの摂食障害の問題は解決していきます。

 

 

あとは、身体を整え、習慣を

変えていけばいいことになります。

 

 

いかがでしょうか。

 

 

どうにかしたい人はお気軽にご相談ください。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2018年4月4日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング
SINBIの福山です。

 

 

さて、

 

 

あなたは、

 

 

自分のことがよくわかっていますか???

 

 

そして、

 

 

摂食障害になりやすい人のタイプのことを

 

 

よく知っていますか???

 

 

当然過食嘔吐も拒食症も含めです。

 

 

摂食障害を克服して上で、

この自分自身のことと

病気のことをしっかり理解しておく

ということがとても大切です。

 

 

今日はその過食・拒食の摂食障害に
なりやすいタイプについてです。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 
 また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
さて、

 

 

摂食障害になりやすいタイプですが、

以前の紹介したのは、

気質の違いによるものです。

循環気質や完璧主義の執着気質などという
ものでした。

 

 

今日はその気質とは少し違うものです。

 

 

それは、

何か自分がやったことに対する

結果を判断する時の方法で、

人のタイプが2つに分けられる

というものです。

 

 

例えば、

   自分が、今日は特別な料理を

作ろうとしたとします。

   いつもとは違い、色々とレシピを

調べて、材料も色々と

   こだわったものを買い集めて腕により

をかけて作ります。

 

 

さて、

 

 

   そこで、その料理がうまく
いったかどうか???

 

 

   あなたなら、どうやってわかりますか???

 

 

    ”誰かにおいしいって言ってもらえたら???”
    ”誰かに凄いね!って言われたら???”

 

 

    ”自分がおいしいと思えたら???”

    ”自分が凄い、充実と思えたら???”

 

 

料理をして、どのような結果が得られたら
あなたは満足できますか???

 

 

ここで、タイプがわかれます。

 

 

何らかの結果を判断するための基準が
外にあるのか内にあるのか???

 

 

   前の2つが外基準、

   後の2つが内基準ですね。

 

 

単純に多くの女性は外基準で、
オヤジと揶揄されるような人は
外基準だったりします。

 

 

つまり、いつも外の評価で判断している人
と自分の感覚だけで評価する人の違いです。

 

 

内基準の人は、人はおかまいなしに
自分の感覚で物事を判断していきます。

 

 

ワンマン経営者に多いタイプで、
周りを気にせず猛進できるので、
ある意味強い頼もしい人でもあります。

 

 

ここで夫婦問題や家族の問題に
発展することがよくあります。

 

 

父親が、極端な内基準の場合ですね。

 

 

自己中で人の気持ちを察するということがない!!

 

 

全ての判断は内基準・・・・
摂食障害の家族によくあるケースです。

 

 

それに対して、外基準の人は、

 

 

常に自分の判断より外の人たちの
判断に重きを置いています。

 

 

外基準の人は、周りの目や

人の評価が気になってしまい、

それが全てになってしまうと、

自分を見失い周りに振り回されて、

 

 

気分のアップダウンが激しくなって、
へとへとになってしまうと
いうことになってしまいます。

 

 

さて、摂食障害を抱える人はどちらが
多いのでしょうか????

 

 

もうおわかりかと思いますが、

 

 

それは、

 

 

“外基準の人”

 

 

です。

 

 

ただ、これは程度問題でもあります。

 

 

内だけ、外だけ、という人は
そう多くはありません。

 

 

シチュエーションによって違ったり、
両方がミックスしていたりするものです。

 

 

大切なのは自分の判断基準がどこにあるのかな????

 

 

ということに気づいて、上手にバランス
をとっていくことです。

 

 

内と外のバランスにご注意を!!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

2018年4月3日

過食・拒食の摂食障害専門カウンセリング
SINBIの福山です。

 

 

さて、
あなたには、

 

 

イライラしやすいということは
ないですか???

 

 

今日はイライラと摂食障害
についてです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku  また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
さて、

 

 

 ”とにかくイライラする”

   ”もう嫌だ!!”

   ”最低!!”

 

 

といったようにとても人に対して

イライラしてしまう。

 

 

そして、

 

 

    ”過食してしまう!!”

 

 

摂食障害では実に多いパターン

ですね。

 

 

でも、それは、

 

 

 自分の勝手な思い込み・・・・・

幻想を描き苦しんでいる・・・・・・

というのがほとんどです。

 

 

自分では、

 

 

    ”それが幻想である”

 

 

ということには気づかない。

なかなか自分ではわかりません。

 

 

でも、

自分で幻想に気づく指標と

なるものがあります。

 

 

これが、自分に現れていたら、

ああ、勝手な思い込みで幻想を描いて、

苦しんでいるのだなあ~、と思ってください。

 

 

それが、

 

 

  ”批判的になっている”

 

 

かどうか、というところ。

 

 

批判の相手は、他人でも自分でも

同じことです。

 

 

あなたは、

 

 

    身近な人に対して、

イライラして批判していませんか?

 

 

あるいは、

 

 

   いつも自分のことをダメだと

思って批判していませんか?

 

 

他者をどうしても責めたくなってしまう!

 

 

自分を責めてしまう!

 

 

これはどちらも、思い込みの

幻想を抱えています。

 

 

これが、過食に繋がりやすいもの
でもあるわけです。

 

 

まずは、批判的な自分がいないか
どうかに気づいてみてください。

 

 

対人関係が鏡となって、
あなたに色々な事を教えてくれます。

 

 

だから、対人関係療法はここを
重視しています。

 

 

他人を責めているのか?、

他人と比較して自分を責めているのか?

 

 

そんな批判的な自分に気づいてみてください。

 

 

批判的になるということは、

 

 

何らかの価値判断に
偏りが生じています。

 

 

そして、多くの場合、傷を負っています。

 

 

自分の傷を隠したり、自分を守るために
批判的になってしまうのです。

 

 

まずその批判的なイライラに
気づいてみてください。

 

 

そして、それを引き起こしているのは、
傷ついた自分なのだということに。

 

 

そこから、深くにアプローチしていって
傷を癒していく必要があるのです。

 

 

イライラしている人は
深く傷ついている人です。

 

 

まずはその視点をもって
いただくといいかと思います。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
 < お知らせ>
●無料メールレッスンが新たにスタート!!
こちらから登録いただけると、摂食障害克服の基本を学べる
無料メールレッスンに登録いただけます。
  ⇒ http://www.sinbi-s.info/freehandbook/ 
●摂食障害専門ブログも是非ご覧ください。
毎日更新中!!
⇒ http://ameblo.jp/kakyosyoku 
 また、にほんブログ村のランキングバナーを
クリックしていただければ幸いです。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

PAGE TOP