HOME

摂食障害とは

摂食障害とは

摂食障害とは

摂食障害とは、極端な食事制限や、過度な量の食事の摂取、嘔吐などによる排出によって、 健康に様々な問題が引き起こされるもので、拒食症と過食症を総称したものです。人間関係の問題による心理的なストレスや不適応、コミュ ニケーションの不全などが原因とされていると考えられています。さらには、過去の心の傷や自分自身の捉え方や考え方も大きく影響しています。
 過食症は、ほとんどが女性に起きる病気です。その過食症の背景には、女性はやせているほうが美しいという社会的な価値観が根強くあります。
過食症という病名から、一般的には「食べたい病気」だと思われていますが、実は「痩せたい病気」なのです。痩せようとするダイエットの反動として過食が起こっているのです。

また、「ダイエットの反動としての過食」とは別に、「ストレス解消としての過食」もあります。これは、普通の人のストレス解消のためにする「やけ食い」と同じ種類のもので、「無茶食い過食」と呼ばれています。

一方、拒食症は、「過食を伴う拒食症」と「過食を伴わない拒食症」の2つに分けて考えられます。「過食を伴う拒食症」は一般に治るのに時間を要します。過食と拒食が入り混じった複雑な状況にあることがひとつの要因になっています。

「過食を伴わない拒食症」の人には、「過食を伴う拒食症」の人とは違った「痩せたい気持ち」があります。「過食を伴う拒食症」の人は「痩せることは、美しくなること」に直接的に結びついているのですが、「過食を伴わない拒食症」の人は、痩せてきれいになりたいという願望よりも、「太るのが怖い」という「恐怖」に支配されています。

摂食障害で意外に多くの人が苦しんでいる

さて、そのような摂食障害なのですが、一般的には、あまり身近に感じている人は少ないのではないか思います。
でも、実際は思いのほか、実に多くの人が過食症や拒食症などの摂食障害で苦しんでいるのです。
あなたは、周りにはいないと思っているかもしれませんが、実はすぐ近くにいるのかもしれないのです。
というのは、多くは人知れず一人で苦しんでいるとうのが、摂食障害の実態だからです。

それはなぜか?

というとそれは、

“人には言えない”

という性質が摂食障害にはあるからです。

なぜ言えないのか?

というのは、“人に言えない、人に頼れない性格”の人が多いということもあるのですが、
いちばん大きな理由は、たとえ言っても、

“理解してもらえない”

“奇異な目で見られるのではないか?”

“自分はダメ人間なのではないか!!”

といった思い込みがあり、

摂食障害であるということを言うことによって、

“人に迷惑をかける”
“嫌われてしまう”
“人が離れていってしまう”

のではないだろうかという、怖れを抱えているからなのです。

また、その影には食べ物を無駄にしている(過食嘔吐の場合)、

“ダメな私”という“罪悪感”も潜んでいるのです。

摂食障害を抱えてお悩みの方へ

一人で苦しまないでください

“食べ物を無駄にしている”
“止めることができない”
“普通の健康体に戻りたいのにできない”
“異常なほどに低体重にこだわってしまう”
“自分で決めたルールは絶対に破れない”
“怖くて食べられない!!”

といったように、

“頭で理解していることと、実際にやっていることが全然違う”
“理性で自分をコントロールできないダメな自分”

といったように考え始めてしまうと、どうにか自分で食行動を無理やりコントロールしようとし始めます。

でも、無理に食行動を自分でコントロールしようとすればするほど悪循環の深みにはまっていってしまいます。

“思うようにいかない!”
“ダメな自分”
“情けない”
“自己嫌悪”
“罪悪感”

そう思えば思うほど心のバランスは崩れていって摂食障害はますます悪くなっていきます。負のスパイラルへとはまり、かえって摂食障害は悪い方悪い方へといってしまうのです。

ここから抜け出すためには、まずは正しい認識が必要です。

摂食障害は、決して行き過ぎたダイエットや「わがまま病」ではありません。 病気なのです。

それは、心のバランスの崩れによって生じてくる典型的な「心の病」なのです。

病気なのだから、専門的に治さなければいけないのです。

異常な食行動は、“病気の症状”なのです。

それは、風邪をひいたときの咳や熱と同じものなのです。
だから、自分の意思ではコントロールできないのです。

だから、「自分を責めないでください」

あなたは、悪くないのです。
あなたは、ダメ人間ではないのです。

そのような病気になってしまうあなたは、真面目で心優しい人だという証なのです。
だから、早く本来の自分を取り戻してください。そのためには、一人で悩まないでください。まずは身近な信頼できる人に相談してください。そして、専門家に相談してください。
病気なのだから専門的に治していく必要があるのです。

必ずよくなります

摂食障害は必ずよくなります。数々の実績データがそれを証明しています。摂食障害は一生ものなどとは思わないでください。ただ、完璧に治そうとは思わないでください。そうすれば、必ずいい方向へと向かっていきます。
 あなたの人生はあなたがコントロールしていくのです。病気に振り回されないあなたらしい自信に溢れた人生をつくっていきましょう。

 まず大事なのはしっかりと病気と自分自身を理解することです。自分自身の性格傾向や置かれている状況、そして自分はどうしていきたいのかを冷静に考えていきましょう。
 それから、克服を図っていく上で、まず大切にしていただきたいのは、自分の気持ちです。

自分の気持ちは何によって揺り動かされているのか?

克服を図っていく上では、自分の気持ちの動きを知り、それは何によって変化し、どうしていけばその心の動揺が少なくなっていくのかということを理解していくことが大切です。

それは、身近な人との対人関係ストレスかもしれませんし、環境の変化による影響なのかもしれません。そしてそれは、過去の心の傷が影響しているのかもしれません。

それをしっかりと理解し自分のコントロール下におくことができるようになっていけば、自然と摂食障害は克服へと向かっていくのです。
ただ、自分に対人関係ストレスがあることに気づいていない人も多くいます。

まず、自分自身を振り返ってみてください。

何が摂食障害のエネルギーになっているのか?

そこが摂食障害克服の大きなポイントとなっていくところなのです。

身体と心の両面から捉えていく

摂食障害は、心の病気なのですが、身体面もちゃんと見ていく必要があります。

低体重の問題もそうなのですが、身体のメカニズムもちゃんと理解していくことが大切です。
 多くの摂食障害がダイエットをきっかけに始まっています。
それは、極端なダイエットをすれば身体のメカニズムとして、飢餓状態から正常な状態へ戻ろうとするので、過食というリバウンドが必ず発生するということです。

 ほとんどのダイエットにはリバウンドがつきものです。ダイエットしても結局は元に戻る、あるいは元の体重より増えてしまうという経験をしている人は数多くいるかと思います。

 ここで注意してもらいたいのが、

“自分は普通に食べている”

といった思い違いの感覚です。

摂食障害の人は、標準の半分ぐらいでも多いといった感覚を持っている場合が普通です。

 普通に食べているといっている普通が標準の半分以下しか食べていないということがよく起きてしまいます。

つまりそこで何が起こるかというと、普通に食べているつもりが、知らず知らずのうちにリバウンドの過食を呼んでいるということなのです。

 だから、自分の普通を客観的に再検討してみて、本当に普通なのかどうかということは見直さなくてはいけません。

そうでないといつまでもリバウンド過食を繰り返してしまうのですから・・・

それでは摂食障害は具体的にどのように克服していけばいいのでしょうか?

摂食障害克服のためのオンライン無料WEBセミナー
PAGE TOP