HOME

摂食障害を克服に導くコア・トランスフォーメーションとは

摂食障害を克服に導くコア・トランスフォーメーションとは

あなたは、もしかしたら、
意思の力で、摂食障害やダイエット・体重コントロールの問題を解決しようと長年悪戦苦闘してきているのかもしれません。

その中でも、特に摂食障害の場合には、意思の力ではどうにもならないものなのだということをあなたは痛感していることでしょう。

そして、ダイエットなどの体重コントロールについても、同じようなことが言えるものです。

それは、過食の衝動や食べられないという感覚、そして、吐き出してしまいたいという衝動というものは、無意識で自動的な行動や感情の反応だからなのです。

それら無意識で自動的な行動や感情の反応を変えていくためには、無意識にアクセスしていくということが必要になってくるのです。

コア・トランスフォーメーションは、無意識にアクセスして、好ましくない行動や感情の反応を好ましい反応へと内側の奥深いところから大きく変容してくれる心理プロセスワークなのです。

コア・トランスフォーメーションにできること

コア・トランスフォーメーションには、20年以上にわたる摂食障害からの回復に関わる世界的な臨床実績が多数あります。

そして、私どもメンタルオフィスSINBIでは、3年間300名以上にのぼるクライアントの回復実績を積み上げてきております。以下がその一例です。

コア・トランスフォーメーションの特徴

コア・トランスフォーメーションは無意識を感覚を通じて扱っていく心理プロセスワークですので、言葉で説明することが難しく、まずは体験していただくことがいちばんなのですが、その特徴をまとめると以下のようになります。

コア・トランスフォーメーションを体験してみたい方へ

摂食障害の克服を目指す方は、16回~20回の対人関係療法のコースの枠組みに中にコア・トランスフォーメーションを取り入れていますので、その枠組みの中で体験されていくことがいちばんのお薦めになっております。
ただ、まずは一度だけ体験してみたいと思われている方の場合には、そのような体験コースも受け付けておりますので、120分のイメージ療法(催眠療法)のコースとしてお申込みください。

ご予約はこちらからどうぞ。

ご予約

また、摂食障害の克服方法の基本を学びたい方はまずはこちらの無料メールレッスンへご登録ください。

摂食障害克服のためのオンライン無料WEBセミナー

NLPから開発されたコア・トランスフォーメーション

コア・トランスフォーメーションは心理学のNLPをベースとして開発された心理療法です。NLPは1970年にアメリカで、リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーによって開発された心理学です。(NLP=神経言語プログラミング)
コア・トランスフォーメーションはNLPの中でも、パート・モデルと言語モデルの理論に着目して発展させたもので、アファメーションやポジティブシンキングなどとは違い、外側から変化させていくものではなく、内側から働きかける方法です。あなたの改善したい感情や行動、心の傷を根本から急速に変化させていくものなのです。

コア・トランスフォーメーションのセラピスト紹介

コア・トランスフォーメーションのセッションは、日本コア・トランスフォーメーション協会認定のトレーナーアソシエイトの福山裕康が担当します。

メンタルオフィスSINBI代表 福山裕康

【資格・経歴】
ABH(米国催眠療法協会)認定トレーナー
米国NLP&コーチング研究所公認 NLP上級プロフェッショナルコーチ
NLPコアトランスフォーメーション トレーナー・アソシエイト
NLP(神経言語プログラミング)マスタープラクティショナー
ABH(米国催眠療法協会)認定マスター・ヒプノティスト
日本産業カウンセラー協会認定 産業カウンセラー
日本マインドフルネス精神療法協会認定 マンンドフルネス瞑想療法士
対人関係療法ワークショップ 実践応用編 終了
日本認知療法学会会員

PAGE TOP