HOME

自分でできる対人関係療法ワークショップ

セミナー

~摂食障害を自分で克服していくために~
自分でできる対人関係療法ワークショップ

摂食障害を克服していく鍵となるのは、
この麻痺させたい感情、つまり、

“持っていき場のない抑圧された感情”

です。

この持っていき場のない感情にうまく対処していくことが、
摂食障害の克服にはとても大切なところになります。
そのためには、感情を上手に表現していくことが必要になります。

ただ、ここでやるのは、感情を相手にぶつけるということではありません
のでご注意ください。

感情表現してケンカすればいいということではありません。
その感情の奥には欲求があるはずです。

本当はこうして欲しいのに・・・・・といった欲求です。
その欲求をちゃんと具体的に伝えていくということがとても大切なところになります。

それをやっている心理療法が、

”対人関係療法”

なのです。

対人関係で、自分の気持ちをどのように人に
表現していけばいいのか?

摂食障害になりやすい人は、人に気を使って表現できない、
あるいはまるで反対に、強がりで表現できない人もいます。
いずれにしても、自尊心が低いという特徴があります。

自尊心を高めていくことがもう一つの

摂食障害克服のポイントになります。

そして、

ソーシャルスキルを向上させていくというところがポイントです。

そのために重要なのが対人関係なのです。

対人関係療法の骨格となるところは、コミュニケーションを
中心としたソーシャルスキルの改善なのです。

どのようなコミュニケーションをとって、対人関係を改善していけば、
もっていき場のないモヤモヤやイライラとした気持ちを軽減していけるのか?
というところが摂食障害克服のための重要なポイントになります。

今回のワークショップでは、

今の自分を変えるための力を身につけていきます。

対人関係療法では、実際の自分の会話を振り返り、ちゃんと気持ちを伝えるべきではなかったのか、別の表現方法はなかったのか、別の考え方ができなかったのかなどを検討しながらコミュニケーションのあり方を改善していきます。

この入門ワークショップは、対人関係療法の考え方をベースにして、自分で気づき、自分で対人関係やコミュニケーションを変えていくことによって摂食障害を克服していくための力を身につけていくためのものです。

開催概要
開催日時 2017年8月20日(日) 14:00~17:30
参加費 5,000円(税込み)⇒ 早割8月10日までは3,000円(税込み)
事前のお支払いになります。
持ち物 筆記用具
講師 メンタルオフィスSINBI代表 福山裕康
  ABH(米国催眠療法協会)認定トレーナー
  米国NLP&コーチング研究所公認 NLP上級プロフェッショナルコーチ
  NLPコアトランスフォーメーション トレーナー・アソシエイト
場所 東京都渋谷区道玄坂 アクセス⇒

自分でできる対人関係療法ワークショップのご予約・お申込はこちらからどうぞ

自分でできる対人関係療法ワークショップのお申込は下記ご予約フォームからお願いします

栄養学入門講座~過食ストップ!ケトジェニックで健康・スリム~のご予約・お申込

コメント欄に"自分でできる対人関係療法ワークショップ"参加希望と明記の上お申し込みください。

<<よくわかない・確認したいなど疑問がある場合にはお気軽にお問い合わせください。>>

電話番号

E-Mail

PAGE TOP